アクセス解析
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銀河ヒッチハイク・ガイド [DVD]銀河ヒッチハイク・ガイド [DVD]
(2007/09/19)
サム・ロックウェル.モス・デフ.ズーイー・デシャネル.マーティン・フリーマン.ビル・ナイ

商品詳細を見る

ゼフォッドの名前の由来が、「銀河ヒッチハイク・ガイド」の登場人物に由来することを向こうのサイトで知ったのですが、果たしてその登場人物とはどんなキャラクターなのか?
情報によれば、「奇人」とのことで、最初に聞いた時は笑っちゃいました。

ゼフォッド・・・奇人・・・www
ゼフォッドマニアのぴろしきんぐは気になって仕方がなかったので、映画のDVDを注文してみました。
(原作は大ヒットしたSF小説です。あのジョージ・ルーカスも絶賛したとか。)
かいつまんで言うと、銀河バイパスを作ろうとしている宇宙人に、邪魔なルートに位置するという理由で地球が爆破されます。
運の良い主人公(冴えないイギリス人)は、友人(実は宇宙人。そして「銀河ヒッチハイク・ガイド」の編集者)に助けられ、生き残りの地球人として通りがかりの宇宙船に潜入することができたものの、そこに乗っていた宇宙人たちはヒッチハイカーが大嫌いなために追い出され、なんとか運よく次の宇宙船に乗り移るという・・・銀河のヒッチハイクが始まります。

その次の宇宙船にいたのが、銀河系大統領のゼイフォード・ビーブルブロックス(サム・ロックウェル)です。
そう、サムがゼフォッド役だったので、ちょっと嬉しくなりました。
字幕では、ゼフォッドではなく「ゼイフォード」と表記されており、確かに発音もゼイフォード。
Zaphodは、ゼイフォードという発音が正しいのかな?

事前に仕入れた情報通り、はちゃめちゃでバカで無責任な奇人ですw
ゼイフォードは、自らを誘拐するという暴挙に出て、高性能の宇宙船を強奪し、自由きままに宇宙をさまよっていたのでした。
銀河をつかさどる大統領なのにー、こんな大統領、イヤだw
(でも今の日本の首相はもっとイヤー、なーんて)

意外にも、哲学的なことを考えさせられたりして面白かったです。
あと、予想以上に映像の出来がよくてびっくり。
ちゃちなのかなーって期待していなかったんですが、特殊メイクやVFXのレベルがかなり高いです。
宇宙船のシーンとか、「2001年宇宙の旅」か!?なんて思えたぐらい(言いすぎかしら)。

ミーアキャットはもちろん出てきませんがw
ゼフォやんマニア、バカ映画好きなら楽しめると思いますよー。

それにしても、ぴろしきんぐはミーアキャットに「ゼフォッド」と名前をつけた人のセンスを称賛したい。
ゼフォやんの、ユーモラスでおおざっぱでマイペースで独特な存在感であるところを見抜いて、「奇人」のゼイフォードの名前をつけた人。
(名前をつけているのは、KNPの研究員さんなのでしょうかね?)

さらに、ゼフォやんの弟であるユーサリアンも同じく。
ぴろしきんぐは、ユーサリアンもこの「銀河ヒッチハイク・ガイド」の登場人物かと思っていたのだけれど、勘違いでした。

キャッチ22 [DVD]キャッチ22 [DVD]
(2008/10/24)
アラン・アーキン

商品詳細を見る

彼は、「キャッチ22」に出てくる、ヨッサリアンという空軍大尉の名前に由来しているそうです。
こちらも、ユーサリアンではなく、発音がヨッサリアンなんですね。
ぴろしきんぐは知らなかった作品なのですが、「第二次大戦の米軍基地を舞台にしたブラック・ユーモアの代表作」だそうです。

タイトルの「キャッチ22」とは、軍規22項に由来します。
例えば、狂気に陥ったものは自ら請願すれば除隊できる。ただし、自分の狂気を意識できる程度ではまだ狂っているとは認められない。

ものすごく皮肉ですよね。そんなわけで、英語圏ではそのような皮肉なジレンマを表現する際の、慣用句として「キャッチ22」が定着しているそうです。

狂気。
ユーサリアンも、ハラハラやきもきさせる、ちょっと頭が弱い?っていういわくつきのミーアですから、これまたネーミングセンスが良いですよねぇ。
機会があれば、こちらも見てみたいです。

ぴろしきんぐも、カラハリのミーアたちに名前をつけてみたいなぁ。
KMPに寄付をする代わりに、名前をつけさせてくれるシステムがあればいいのになぁ。
そうしたら、やっぱり好きなキャラクターの名前をつけちゃうかもしれません。
スティッチとか!ドナルドとか!(それは版権的にやばそうですがw)

劇中の、サム・ロックウェル扮するゼイフォード(大統領)の様子がYOU TUBEで見れます。
ほんとに奇人ですw (金髪ウェーブの人=ガウンの人)



あと全然関係ないですが、アニマルプラネットの「相関図」を読んでいると、ゼフォやんのイメージが狂います。

俺はウィスカー家の中で一番背が高いんだ。天敵ザッパ家との対決では、いつも俺が先陣をきっていた。みんな俺の後から続いたんだ。だから俺には力があると思っていたのに、それは幻想だったのか。アイツがいなくなったあと、誰も俺に続かなくなった。今、俺は一人ぼっちだ。ザッパ家に気の合いそうな女性を見つけて近づこうとしても、オスたちが邪魔しやがる。・・・これから一人で生きていけというのか。



ぴろしきんぐ的イメージ

オイラはウィスカー家の中で一番首が太いのさ。天敵との対決では、まずは若いモンに任せて、オイラはぼーっと傍観して様子見することもあるな。
まあ、フラワーが星になった後は、オイラも気ままな風来坊になろうとしたこともあったっけな。
ローラ、かわいかったなぁ・・・残念だったよ。オイラもそろそろ、逃げ足がもたつくようになったし、無茶はいかんと反省したよ。
でも、今は孫の面倒を見るのがオイラの最大の幸せだべ。


ぴろしきんぐは、一体ゼフォやんをなんだと思っているのか。我ながら失礼だけど、でもゼフォおじいちゃん、これからも活躍楽しみにしているからね!

にほんブログ村 小動物ブログ 珍しい小動物へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://meerkatmanor.blog25.fc2.com/tb.php/95-b305fdde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。