アクセス解析
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
産経ニュースによれば、「英国の大衆紙デーリー・メール(電子版)がこのほど、サッカーの2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に出場するチームをアフリカに生息する動物にたとえて紹介した。」そうです。

【サッカーW杯】出場各国の“動物寸評”は…
我らが日本はガゼル。「すばしっこいが、あまりに軽量過ぎる」とのこと。
大昔に比べれば日本のサッカーもずいぶん強くなったと思いますが、世界ではまだまだひよっこ扱いですから、あまり良い評価がされないのは仕方のないことですね。

ブラジル ライオン:間違いなく王様


これは誰も文句が言えませんね。

アルゼンチン 毒ヘビ:慢心したマラドーナは報道陣に毒を吐いた
オーストラリア ハイエナ:やぼで醜い
フランス チーター:アンリのハンドは“チート(ごまかし)”
ドイツ ワニ:すべての国から恐れられ、嫌われている


私情が入っているのかわかりませんが、すごい言われようですよねw

ニュージーランド アダックス:知っている人はほとんどいない
スイス オカピ:なぜ、ここにいるのか誰も知らない


ちょっと笑ってしまいました。確かにアダックスってなんでしょう?

北朝鮮 ミーアキャット:(ゴールを)守るためにあたふた


北朝鮮はミーアキャットにたとえられていました。
ミーアキャット=あたふた、のイメージが強いんですよね、世間的には。
団結力があって、意外と強かったりするのにね?

北朝鮮
というわけでコラージュして遊んでしまいました。
ミーアキャット代表!

ちなみにぴろしきんぐ、昔はよくサッカーを見に全国各地へ、果ては海外にまで遠征していたことがありました。
昔の日本代表は面白かったんですけど…最近は興味が持てません。
どうなるかなぁ、ワールドカップ。

にほんブログ村 小動物ブログ 珍しい小動物へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://meerkatmanor.blog25.fc2.com/tb.php/171-140870e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。