アクセス解析
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Meerkat Manor: The Story Begins (Ws Sub) [DVD] [Import]Meerkat Manor: The Story Begins (Ws Sub) [DVD] [Import]
(2008/06/03)
Whoopi Goldberg

商品詳細を見る

シーズン4の最終回に夢中でしたが、ちゃんと「フラワーの物語」も見ました。

ウィスカー家の肝っ玉母さんとして君臨したフラワーが、
お母さんのホリーから生れるところから物語は始まります。
フラワーは、4兄弟で生れました。
仲良しだった女兄弟のペタル。
彼女は、巣穴に入り込んだ蛇に噛まれて、苦しみながら死んでしまいました。。
必死に大人を呼び、ペタルから離れないフラワー。
でも、大人はペタルが助からないことを知っているから、誰も来てくれません。
切なすぎる。。

お母さんのホリーは、猛禽類に襲われて大けがを負い、力尽きます。
お父さんのアーゴンは、ホリーが戻らないと知って、群れを出ます。

新たなリーダーを巡って、フラワーの姉妹が争います。
フラワーはまだ若いので興味がありません。

お姉さんのビアリがリーダーになりました。
そこへ、ラズライ家からユーサリアンと、兄のゼフォッドがやってきます。
ユーサリアンは、ビアリと交尾に成功。
まだこの頃は、少しはイケてたんでしょうか、ユーサリアンw

そしてそして、大変驚くべきことに、なんとフラワーがゼフォッドに一目ぼれ!
ビアリとユーサリアンが仲良くしている間に、フラワーとゼフォッドも交尾します。
いやー、フラワー・・・積極的ですねw
ゼフォやんのたくましい姿に惚れたのでしょうか。

ユーサリアンがうまくやっている間に、ラズライ家がウィスカー家へ襲撃に来ます。
リーダーのビアリは、逃げるという選択をして、家族からの信頼を失います。

ゼフォッドとのことが高い代償となり、フラワーは妊娠します。
おきて破りの行為。
子供を産み、何日も食べずに世話をします。
しかし背に腹は代えられません。
食べ物を探しに巣穴を離れたところ、妊娠中のビアリが邪魔者を排除してしまいました。。
さらにはフラワーを追放。

フラワーは数週間、必死に生き延びます。
恐る恐る群れに近づくと、ビアリの子供は生まれていて、子守が必要だったために、フラワーは呼び戻されます。
良かったよね。
こういうのって、タイミングですよね。
運も実力のうち、じゃないけれど。
「群れに戻りたい」とあきらめずに意思表示することも大切なんですね。
モーツァルトのように叶うことがないこともあるけれど。。

しかしビアリは、車に轢かれて死んでしまいます。
切ないです。人間のせいで死ぬなんて。
人間は、ミーアキャットが歩いているのを知っていて、気にしないで車を走らせるのでしょうか。
小さいから気がつきにくいとかならまだしょうがないけれど、ミーアキャットの1匹や2匹ぐらいはねても構わない、
なんて思って運転しているとしたら、許せないです。

ウィスカー家は、コブラと対決していました。
リーダーなき中、フラワーが指揮を執ります。
コブラの鼻先がつくほどに近づいて威嚇します。
すごい、フラワー。ものすごく勇気。
最終的には牙をお見舞いして、コブラを撃退。
ウィスカー家に真のリーダーが登場します。

ゼフォッドも戻ってきました。
ユーサリアンは、自分がお邪魔虫だと気づいて去っていきます。
確か、ゼフォッドとユーサリアンは対決しているんですよね。資料によれば。
この後に、またユーサリアンがリーダーにもなっているし。
映画ではやっぱり省かれますね、細かいことは。

最後、フラワーはご存じのとおり、天敵から子供を守ろうとして、噛まれて命を落とします。
それでも、トスカ、コロンブス、アインシュタイン、キンカジュー、モーツァルト、ミッチ、レイジ、グルーズ、
ロケットドッグ、シェークスピア、彼女たちの優秀な子どもたちが次の世代へ命をつないでいきます。

ナレーションの最後、シェークスピアの物語はまた次の機会に・・・って言ってましたけれど、
これは期待していいのでしょうか。(あまり期待しないけれど。)
でも、シェークスピアって、結局どんな最期だったのか不明だったのに。どうするんでしょう。

⇒参考エントリー「Where's Shakespeare???


映画だから普段の放送枠よりずっと長かったけれど、それでもなんだか物足りなく感じてしまいました。贅沢ですね。
ミーアたちの物語、もっとずっと見ていたいです。

にほんブログ村 小動物ブログ 珍しい小動物へ
にほんブログ村

ブログパーツ
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
本当に・・・
番組表を見たときは、一時間半と知って「やったw」と思ったのですが、本当にあっという間に終わってしまいました。

今回も録画していたので2日続けてこの「フラワーの物語」を観てしまいましたw

何度観ても飽きないと思います。


女兄弟のペタルの場面、本当に切なかったですね・・・

蛇に噛まれた瞬間の声も・・・

そしてフラワーの様子・・

大人のミーアキャットの表情・・

(ノ_-;)ハア…


シェークスピアの物語も実現したらいいとは思いますが、最後の様子わからないですものね・・

それが無理なら!!
セフォッドの物語でもいいなぁ~~w

とにかくまだまだ、ミーアキャットを観続けたいですね。




2009/12/17(木) 03:50 | URL | フェルナンド #-[ 編集]
別の物語もぜひ見たいですよね!
>フェルナンドさん
本当にあっという間なんですよね、内容は結構しっかり詰まっていると思うのに、まだまだ見ていたい!と思ってしまいます。

今回最も痛々しかったのは、やはりペタル。。(フラワーのあのシーンはシリーズで放送しているからありませんでしたし。)

子供のフラワーの、素直な姿に胸が痛みました。

シェークスピアは微妙ですよね、当初は作るつもりがあったのかもしれませんが。。

ああ、ぴろしきんぐもゼフォッドの物語をぜひ作って欲しいです。
フラワーの夫であり、長老として君臨するゼフォッドは、物語として取り上げられるのに十分な素材ですよね。

研究は続いているのに、これっきりでミーアたちの物語が新しく見れなくなってしまうなんて、残念過ぎます。
あきらめずに待ちたいです!
2009/12/17(木) 22:54 | URL | ぴろしきんぐ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://meerkatmanor.blog25.fc2.com/tb.php/164-8142ade0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。